アイフルホーム松山西店・松山東店

HOME > 建築コラム > 賃貸住宅と持ち家、どっち派?

賃貸住宅と持ち家、どっち派?

2018-10-23

住宅の購入を検討する時の悩みとして、

今住んでいるマンションを借り続けている方が良いのか、

持ち家を購入した方が良いのか、考えた事がある人も多いと思います。

持ち家を持つ事も賃貸住宅にもそれぞれメリットがあります。

そこで、持ち家と賃貸住宅のメリットとデメリットを少しお話したいと思います。

 

賃貸住宅のメリットは手軽さ

毎月、家賃を払って住むので建物の設備が壊れても、大家さんが費用を出して直すのが一般的で、

建物の維持・メンテナンス費用は家賃に含まれている事が多いです。

住宅について大きな出費が急に発生しない利点があります。
また、部屋が気に入らなかったり勤務先が変わったりした時には引越しをする事も容易ですね。

持ち家の強みは・・・

なんといっても‘’自由‘’である事。

マンションやアパートでは、隣の部屋や階下の住民に気を遣う事もしばしば・・・。

持ち家では、そんな心配は必要ありません。

子どもたちが騒いだり走り回って遊んだりしても平気です。

子供にも親にもストレスフリーな生活が送れます。

お金に関して

持ち家を持つことは、長い住宅ローンの返済を続けるので、お金がかかるイメージが強いと思います。

賃貸住宅は建物の維持費やメンテナンス費用、固定資産税等の負担が必要ありません。

しかし長い期間、賃貸住宅に住み続けていると建物は古くなって来ますが、

家賃が下がることはほとんどなく、借りた時に契約した家賃設定のまま支払い続けるのが一般的です。

賃貸の場合は20年、30年と支払い続けても、いつになっても支払額が減ることはありません。

持ち家の場合、毎月の返済が必要ですが、住宅ローンを完済することができた後は、その負担がなくなります。

固定資産税等の支払いや建物の維持・メンテナンス費用がかかりますが、

一番負担の大きい住宅ローンの返済の必要がなくなれば、

その他の支払いの負担は少額となるので経済的に楽になりますよね。

長い目でみると持ち家の方が経済的と言えるでしょう。

持ち家を持つことは資産を形成することになり、毎月住宅ローンを返済することで将来的な蓄えを作るという考え方もできます。

そうした中長期的な視点で将来的な恩恵も考えると、賃貸住宅よりも持ち家に住んだ方が金銭的なメリットが得られます。

最後に・・・

持ち家、賃貸住宅、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ご自身のライフスタイルにあった住まいはどちらでしたか?

そろそろマイホームを・・・と、お考えの方は是非、アイフルホームへご相談ください。

お客様のお悩みを一緒に考え最適な提案をさせて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております。

Copyright@ アイフルホーム松山西店・松山東店. All Rights Reserved.