アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > 動線を意識して間取りを決めましょう!注文住宅を検討中の方へ!

動線を意識して間取りを決めましょう!注文住宅を検討中の方へ!

2021-05-27

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、動線を意識した間取り決めです。
間取りを決める際、どうして動線を意識すると良いのでしょうか。
この記事では、家事動線を意識した間取り決めについて解説します。
ぜひお役立てください。

□家事動線を意識した間取り決めとは?

住宅を建てる際、間取りを決める必要がありますよね。
この際、どのような点を意識するのか分からずお困りの方はいらっしゃいませんか。
そんな方は、まず家事動線を意識しましょう。

家事動線を意識すれば、誰でも使いやすい間取り決めが可能になります。
では、どのようなポイントを意識すると良いのでしょうか。
ここでは、代表例として料理を楽に行うためのポイントを3つご紹介します。

1つ目は、キッチンの回遊性を意識することです。
最近ではオープンな対面式キッチンが人気ですが、その中でも壁に接する部分がないアイランドキッチンは回遊性の高さに特徴があります。
回遊性が高いと調理や配膳、片付けの流れが円滑に行えるでしょう。

2つ目は、キッチンから洗面所・浴室への動線を意識することです。
家事では多くのことをマルチタスクで行うため、回遊性の高さが作業効率の向上につながります。

そのため、キッチンから洗面所・浴室、廊下への動線が確保されていれば、料理と他の家事を同時進行しやすくなるのです。

3つ目は、コンセントの数とレイアウトです。
近年便利なキッチン家電が増えています。
そんな中、キッチンで意外に重要なのがコンセントの数とレイアウトです。
どんな家電を使用するのかを事前に意識した上で、コンセントの数と位置を決めましょう。

□スムーズに家事を行うためのポイントとは?

スムーズに家事を行うためのポイントとして最も大切な点は、水回りに関するポイントです。

家事の多くは水回りを利用するため、水回りを一カ所に集めておくことで移動距離が短くなります。
それによって、家事効率が上がり、家事をスムーズに行えるのです。

たとえば、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭であれば、お子様がお風呂に入っている様子を確認しながら洗濯を行えます。
複数の家事を同時に進行できるため、家事効率が飛躍的にアップするでしょう。

家事動線を考える際は、他の動線を考えると同時に水回りについて必ず確認することをおすすめします。

□まとめ

今回は、家事動線を意識した間取り決めについて解説しました。
動線を意識して間取りを決めることで、納得のいく家作りを実現できるでしょう。
注文住宅をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.