アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > 注文住宅でできるペットのための工夫について紹介します!

注文住宅でできるペットのための工夫について紹介します!

2021-06-04

注文住宅を建てようとお考えの方に向けて、今回はペットを飼う際にできる工夫についてご紹介いたします。
ペットに対してどのような工夫をすれば良いのかなかなか難しいですよね。
そこで今回は具体的な対策方法について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□ペットのための間取りの工夫についてご紹介します!

まず、ペットと一緒に暮らしていくためにはどのような工夫が必要なのでしょうか。
具体的な対策方法を2つ解説します。

1つ目の方法は、階段は緩やかに設計することです。
ペットの足の裏の肉球はとてもデリケートであるため、しっかりと保護してあげる必要があります。
階段を緩やかに作ることで、ペットの肉球にかかる負担を減らすだけではなく、ペットが飛び降りた時の足腰の負担も軽減できます。

また、バリアフリー対策にもなるため、上りやすい階段を設計することはペット対策だけではなくさまざまな場面で役に立つでしょう。

2つ目の方法は、肉球が傷つかないような素材を使用することです。
ペットに優しい素材を使って設計することがとても大切です。
また、肉球が滑らないように注意をする必要もあります。

□ペットを飼うためには水回りの位置や掃除のしやすさが大切です!

ペットを飼う上では、水回りや掃除のしやすさなどの工夫をすることも大切です。
例えば、ペットと一緒に散歩をした後に備えて玄関周りを工夫しておくことが非常に便利です。

玄関は散歩に出発する際はリードをつける場所になり、帰宅をする際にはペットの足を拭く場所にできます。
また、玄関周りはペットのための道具を収納する場所としても使用できます。
散歩をした後はバスルームに直行する場合もあるため、水回りの動線がまとまっていることが重要になるでしょう。
そして、ペットは綺麗好きであるということを踏まえて、掃除や換気のしやすさを意識することも大切です。

具体的には、お手洗いや洗面所などを掃除がしやすいように設計を工夫しましょう。
そして、防水仕様の素材を使用し、スペースも余裕ができるようにしておくと良いでしょう。
また、視線を遮れるような位置にペットのトイレスペースを配置することで、ペットが安心できるでしょう。

□まとめ

今回は、ペットを飼う際にできる工夫について解説いたしました。
階段を緩やかにする、素材を工夫するなど、ペットのために設計時にできることはぜひ実践しましょう。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ一度当社までお気軽にご相談ください。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.