アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > 高気密高断熱住宅を選ぶことをおすすめします!注文住宅を建てる予定の方へ!

高気密高断熱住宅を選ぶことをおすすめします!注文住宅を建てる予定の方へ!

2021-06-08

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、気密性・断熱性についてです。
高気密かつ高断熱の住まいには、いったいどのような良さがあるのでしょうか。
この記事では、高気密・高断熱住宅の仕組みと、そのメリットをご紹介します。
ぜひお役立てください。

□高気密で高断熱な住宅の仕組みとは?

高気密・高断熱住宅とはいったいどのような住宅のことを指すのでしょうか。
ここでは、それぞれについてご説明します。

*高気密住宅とは?

まず高気密住宅ですが、簡単に言うと隙間を少なくした住まいのことを指します。
気密性の高い窓やドア、気密シートなどを使って、隙間をできる限り減らした構造で作られます。

*高断熱住宅とは?

次に高断熱住宅ですが、簡単に言うと部屋の外と内で熱を伝えにくい住まいのことを指します。
壁に断熱材を入れたり、断熱性能の高い窓を採用したりして外気の熱を室内に伝えにくくするのです。

□高断熱で高気密な住宅にするメリットとは?

気密性と断熱性を高めた住宅を建てることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、そのメリットを4つご紹介します。

まず1つ目は、室内の温度を一定に保ちやすい点です。
夏場に家の中まで蒸し暑かった経験や、冬場に室内でも底冷えした経験はありませんか。
室内の温度が一定でないと過ごしにくいですよね。

その点、高気密・高断熱住宅は外気の影響を受けにくいため、快適な温度を保ちやすくなります。
リビングでも廊下でも温度がそれほど変わらない点が魅力的でしょう。

2つ目は、省エネで家計に優しい点です。
高気密・高断熱な家では、部屋の中の空気が外に逃げにくくなります。
そのため、冷暖房効率が高まり、結果的に光熱費を抑えられるのです。
購入後何十年と住む家ですので、省エネはありがたいポイントですよね。

3つ目は、ヒートショックを防止できる点です。
ヒートショックは急激な温度変化によって引き起こされます。
室内の温度を一定に保てる高気密・高断熱住宅では、家の中の温度差が小さくなるため、ヒートショック防止につながるのです。

4つ目は、熱中症予防につながる点です。
室内の温度上昇を和らげる効果があるため、熱中症のリスクが小さくなります。

□まとめ

高気密・高断熱住宅の仕組みと、そのメリットをご紹介しました。
上記の点を理解して、納得のいく家づくりを実現しましょう。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.