アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > 注文住宅の窓の性能は重要?窓の選び方を紹介します!

注文住宅の窓の性能は重要?窓の選び方を紹介します!

2021-08-16

「せっかく注文住宅にするなら窓の性能にこだわりたい」
このように考えている方はいらっしゃいませんか。
注文住宅の窓によって、家の断熱性能は大きく変化します。

そこで今回は、窓の選び方について詳しく紹介しています。
注文住宅でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

□窓は外壁の10倍も熱を通しやすい?

注文住宅を建てるなら、間取りの次に住宅の性能を考えておきたいものです。
特に家の断熱性能が高い方が良いと思っている方にとって、窓選びは重要です。
そこでここでは、窓の熱貫流率について紹介します。

家全体を考えたときに、外の空気と触れている部分は窓の他に外壁、屋根があります。
この中で窓は一番、熱を失う割合が大きいです。

この例として、真冬に窓と壁を触ると明らかに違いが分かります。
窓は、かなり冷たいのに対して壁はそこまでの寒さを感じません。
これは、熱貫流率が大きく関わっています。

熱貫流率とは熱の伝わりやすさです。
熱貫流率の数値が小さいほど、断熱性が高く、熱を失う割合が低いです。
この熱貫流率を比較すると、窓は4.65といった数値に対して壁は0.45です。
約十倍の差があることからも、窓は壁より熱を通しやすいことが分かります。

□窓から熱が逃げにくい窓とは?

ここまでは、熱貫流率について紹介しました。
いかに窓が外気の影響を受けやすいかについて、理解が深まったのではないでしょうか。
そこでここからは、熱が逃げにくい窓について紹介します。

*二重ガラス

二重ガラスは寒い地域で、寒さ対策として採用されてきた工法です。
窓が二枚あることによって、その間の空気層が断熱性能を発揮します。
また、防音の観点でも、二重ガラスは良いです。
小さいお子さまがいる場合や、楽器をよく弾く方は音漏れの心配を減らせます。

*三重ガラス

三重ガラスはさらに断熱性が高く、結露の心配もないため、より快適な環境を整えることが可能です。
ただし二重ガラスとは比べられないほど、コストアップをしてしまいます。
注文住宅ではこだわりたいポイントがたくさんあるため、窓以外の部分にお金をかけても熱効率の良いマイホームが手に入るでしょう。
それぞれの窓の特徴や予算を考慮した上で、最善の選択をしましょう。

□まとめ

今回は窓の選び方について紹介ました。
選ぶ窓によって快適さが大きく左右されるため、慎重に選びましょう。
当社は、お客様が安心できる家づくりを実施しております。
注文住宅でお悩みの方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.