アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > 注文住宅を検討中の方へ!子供部屋を設けるメリットとデメリットをご紹介!

注文住宅を検討中の方へ!子供部屋を設けるメリットとデメリットをご紹介!

2021-09-04

「子供部屋は設けるべきなのかな」
「子供部屋をつくるのであれば押さえておくべきポイントを知りたい」
松山市で注文住宅をお考えで、このような悩みをお持ちの方はいませんか。
今回の記事では、子供部屋を設けるメリット・デメリット、また押さえておくべき注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□子供部屋を設けるメリット・デメリットをご紹介!

ここでは、子供部屋を設けるメリット・デメリットをご紹介します。

*メリット

1つ目は、建築中にお子さんも一緒に家づくりを楽しんでくれることです。
一生のうちにそう何度も経験することのない家づくりを、我が子とシェアするのは教育の一環と言っても良いでしょう。
また、自分の部屋が出来上がっていくのを見るのは、きっとワクワクしますね。

2つ目は、物の管理ができるようになることです。
自分の物と家族の物をはっきりと区別できるようになるので、着替えや整理整頓、掃除、睡眠といった、自己管理能力の向上につながるでしょう。

3つ目は、自分だけの空間を確保することで自立心を育めることです。
1人で考えたり、自分に向き合ったりする時間を持つことで、冷静に物事に取り組めるようになるでしょう。

*デメリット

1つ目は、親の目が届きにくいことです。
お子さんが部屋に閉じこもってしまうと、同じ家にいても目が行き届きにくくなることが考えられます。
親に助けやアドバイスを求めることも減る可能性があるでしょう。
そのため、子供部屋を設ける際には、しっかりとお子さんと向き合う時間をつくることをおすすめします。

2つ目は、掃除や片付けをしない可能性があることです。
部屋の管理は、お子さん本人のペースを尊重したいところですが、1人部屋を持ってから片付けの習慣をつくるのは難しいです。
まずは、部屋の管理をできるように寄り添いながら成長を促すと良いでしょう。

□子供部屋をつくる上で押さえておくべき注意点とは?

1つ目は、家族計画を考えて家づくりも計画することです。
将来的にお子さんの人数を増えることを想定せずに設計してしまうと、のちに部屋が狭くなり困ることがあります。
しっかりと今後のことを想定して、家づくりの計画を立てましょう。

2つ目は、勉強に不向きの部屋にしないことです。
子供部屋のおしゃれさに重点を置きすぎることで、勉強に不向きな部屋になる可能性があります。
そのため、集中しやすい環境をつくってあげましょう。

□まとめ

今回の記事では、子供部屋を設けるメリット・デメリット、また押さえておくべき注意点をご紹介しました。
今回紹介した注意点をしっかりと押さえて、メリットを最大限活かせるような住まいをつくりあげてくださいね。
注文住宅をお考えの際は、最後まで丁寧にサポートいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.