アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > 家づくりをご検討の方に向けて風呂の種類と選び方のポイントを紹介します!

家づくりをご検討の方に向けて風呂の種類と選び方のポイントを紹介します!

2021-10-21

「新居の風呂はどのようにすれば良いか知りたい」
松山市にお住まいの方でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
家族が1日の疲れを癒す場所である風呂は、快適な生活を送るためにぜひこだわりたいところです。
そこで今回は、風呂の種類、また風呂の選び方のポイントについてご紹介します。

□風呂にはどのような種類があるのか

皆さんは風呂にどのような種類があるとお考えでしょうか。
ここでは風呂の3つの種類について解説します。

1つ目はシステムバスです。
システムバスは事前に工場で浴室のパーツがつくられており、それらを現場に運んで組み立てます。
そのため細かい指定はできません。

2つ目は在来風呂です。
在来風呂は現場で、壁、浴槽、床など全てのパーツをつくります。
そのため非常に自由度が高く、オリジナルの風呂をつくるには最適です。

3つ目はハーフユニットバスです。
ハーフユニットバスは床と浴槽は工場でつくられますが、天井や壁は現場でつくられます。
システムバスと在来風呂のどちらのメリットも享受できます。
以上が風呂の種類についてでした。

□風呂の選び方のポイントとは

ここまで風呂の種類について解説しました。
皆さんはどの種類の風呂に魅力を感じましたか。
続いては、風呂の選び方の3つのポイントについて解説します。

1つ目は色です。
色は風呂場全体の印象を決める重要な要素です。
最もメジャーである白色には水垢を目立たせにくくする効果があります。
さらに風呂場を広く見せる効果もあります。

反対にダークカラーは風呂場を個性的にしたい方におすすめです。
注意点として暗い雰囲気にならないようにアクセントカラーを加えるようにしましょう。

2つ目は浴槽のタイプです。

浴槽のタイプには水深が深くとれる「ストレート浴槽」、角にピッタリハマるため空間を広く見せられる「コーナー浴槽」、広い浴槽の「ワイド浴槽」などがあります。
好みに合わせて選びましょう。

3つ目は風呂場の広さと浴槽の大きさです。
一般的な風呂場の広さは約1坪であり、少し広めにするなら1.25坪が適切です。

以上が風呂の選び方のポイントについてでした。

□まとめ

今回は松山市にお住まいの方に向けて、風呂の種類と選び方についてご紹介しました。
風呂にはどのような種類があるのか、またどのような点に気をつけて風呂を選べば良いのか理解が深まったと思います。
今回の情報を活用して、ぜひ理想の風呂を手に入れましょう。
ご不明な点がございましたら、弊社までご連絡ください。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.