アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > 新築へ引越しする方に向けて!住所変更の手続きについて解説します!

新築へ引越しする方に向けて!住所変更の手続きについて解説します!

2021-11-16

皆さんは、新築の引越し手続きのやり方をご存知でしょうか。
住所変更をする上では、いくつかの手続きをする必要があるでしょう。
把握しておくことで、円滑に引越しが完了するでしょう。
そこで今回は、住所変更の手続きとその際の注意点について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

□住所変更の手続きを解説します!

住所変更する際には、いくつかの手続きが必要です。
ここでは、3つの手続きを解説します。

*転出・転入届

旧住所で、転出証明書を発行してもらいます。
そして、14日以内に新居の市町村役場で転入届を提出します。
提出後、転出と転入を同一市町村で行う際には、転居届1通で手続きが完了するため、把握しておきましょう。

*学校

子どもが公立の小中学校の通っている際には別途書類が必要になります。
現在通っている学校から在学証明書と教科書給与証明書を発行してもらいましょう。
その際には、新居のある市町村で入学通知書をもらい、転校先にまとめて提出することになります。

*国民健康保険・国民年金

国民健康保険は旧住所の役所で手続きを行います。
また、国民年金に関しては、新居のある役所にて手続きを完了させます。
それぞれ、引越し後14日以内に届けるようにしましょう。

□住所変更をする際の注意点とは?

ここでは、各手続きをする上での注意点を3つ解説します。

まず1つ目は、転居届のタイミングについてです。
旧住所の役所で手続きをするため、引越し前に行っておく必要があるでしょう。
引越してから旧住所に足を運ぶのは時間がもったいないため注意してください。
ベストタイミングは引越し前2週間以内と考えておきましょう。

2つ目は、新住所と旧住所に入居者がいる場合についてです。
引越し時には家財を新調する機会が増えて、配送先に新住所を指定することがあるでしょう。
しかし、先の入居者に誤って届いてしまわないように気をつけましょう。

3つ目は、早めの連絡が必要な手続きについてです。
個人情報保護の観点からクレジットカードの住所変更は、優先的に行うことが大切です。
また、インターネット、電話回線、エアコンなども早めに変更続きしましょう。
開通工事が引越し後数ヶ月先にならないようにしましょう。

□まとめ

今回は、住所変更の手続きとその際の注意点について解説しました。
住所変更には、決められた期限内に提出する書類があるため把握しておきましょう。
また、住所変更時には注意点がいくつかあるため、知っておきましょう。
この記事を参考にしていただけたら幸いです。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.