アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > ウォークインクローゼットを検討中の方必見!メリットとデメリットを解説します!

ウォークインクローゼットを検討中の方必見!メリットとデメリットを解説します!

2021-11-20

近年、有効的な収納としてウォークインクローゼットを取り入れる方は多いです。
いわゆる大きな納戸であり、家族全員の洋服やバッグ、靴などを収納できます。
しかし、実際に設置するには本当に家に必要か検討する必要があるでしょう。
そこで今回は、ウォークインクローゼットのメリットとデメリットについて解説します。

□ウォークインクローゼットのメリットについて解説します!

ここでは、ウォークインクローゼットのメリットを3つ解説します。

まず1つ目は、クローゼット内でコーディネートを完成できることです。
ウォークインクローゼットには、洋服に加え、靴やバッグ、小物なども収納可能です。
それゆえ、ものがバラバラにおいてあることによる移動の手間を減らせます。
そのためには、鏡の設置や着替えに要するスペースの確保が重要でしょう。

2つ目は、季節ごとの衣替えができることです。
春夏秋冬、季節ごとの衣服を全てまとめて収納できます。
それゆえ、季節の変わり目にタンスの入れ替え作業が不要です。
また、これまでの収納スペースとして利用していた空間をすっきりできるでしょう。

3つ目は、スーツケースなどの大きなものが置けることです。
押し入れには収納できない大きなサイズのものを収納できるのは大きなメリットです。
押し入れに関しては、二段に分かれているものもあり、上下や奥行きに限界があります。
対して、ウォークインクローゼットでは、スーツケースなどの大きめのものを収納可能です。

□ウォークインクローゼットのデメリットについて解説します!

続いて、ウォークインクローゼットのデメリット2つ解説します。

まず1つ目は、上手に収納する必要があることです。
乱雑に収納すると足の踏み場がなくなります。
また、収納スペースが広いため、どこに何をしまったのか分からなくなる可能性もあるでしょう。
それゆえ、ウォークインクローゼットに収納する際には、所定の位置を決めておくことが大切です。

2つ目は、専有面積が大きいことです。
押し入れやクローゼットに比較して専有面積が大きいです。
それゆえ、同じ平米数でウォークインクローゼットがある方が生活スペースを狭く感じやすい傾向にあります。

□まとめ

今回は、ウォークインクローゼットのメリットとデメリットについて解説しました。
ウォークインクローゼットは大きなものを収納でき、一箇所にまとめられます。
ただし、専有面積が大きいことなどのデメリットも把握しておきましょう。
この記事を参考にしていただけたら幸いです。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.