アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > 玄関の間取りにお悩みの方へ!玄関収納について解説します!

玄関の間取りにお悩みの方へ!玄関収納について解説します!

2021-12-01

玄関は、家族以外の人の目にも触れるため、家の顔とも呼ばれます。
そんな玄関を綺麗に保ちたいけれど、どうしても散らかりがちだと悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

今回はそ松山市にお住まいのそんな方に向けて、「玄関収納の実例」と「玄関収納で気を付けたいポイント」についてご紹介します。

□玄関収納の実例を解説します

玄関収納は、家に入ってはじめに目に入るスペースです。
この場所がごちゃついていると、来客の際に散らかった印象を与えてしまうかもしれません。
一方で、工夫次第で暮らしやすさを大きく変えてくれます。
そんな玄関収納の実例についてご紹介します。

1つ目は、玄関脇の土間収納を工夫した例です。

土間収納とは、玄関から入って、靴を脱がずに物を出し入れできるように設けられた収納スペースのことです。
土間収納は入り口が140cmほどと低めに設計されているものもあります。
収納の中が散らかっていても、入り口が低いため、玄関から見えません。
中には大型の収納スペースが設けられ、カバン等が収納できます。

このスペースによって、リビング等の散らかりがちなエリアを綺麗に保てるだけでなく、土間収納を中が見えづらく設計することで、中の散らかりを意識する必要がなくなります。

2つ目は、玄関にシンクとコート掛けを設置した例です。

子供だけでなく、大人も家に帰ってすぐ手洗いができます。
それに加えて、コートや帽子などを置くスペースが玄関に設置されているため、リビングが散らかる恐れもないでしょう。
このような間取りの工夫もおすすめです。

□玄関収納で気を付けたいポイントとは?

玄関収納で収納スペースを最大限活かすためには、使い方の工夫が必要です。
例えば靴収納において、家族ごとに靴を分けて収納する工夫や、ブーツや長靴などの高さのある靴を揃えて収納できるスペースを用意することが重要です。

玄関に、傘やコートなど、外出時に持ち出すアイテムを収納できるスペースを設けると、一層使い勝手がよくなります。
スペースを確保できるのであれば、ウォークインクローゼットにすることで、外から見た際にすっきりした印象を与えられます。

家に入ってはじめに目に入る玄関の印象は非常に重要です。

□まとめ

今回は「玄関収納の実例」と「玄関収納で気を付けたいポイント」についてご紹介しました。
家の顔である玄関の工夫は、家全体の印象と、住人の暮らしやすさに直結します。
ぜひ当記事を参考にして間取りを決め、皆さんのライフスタイルに最適な玄関を実現してください。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.