アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > 和室括りを検討中の方へ!その基礎知識とメリットをご紹介!

和室括りを検討中の方へ!その基礎知識とメリットをご紹介!

2021-12-13

 

日本人なら、和室があるお家に憧れますよね。
しかし、和室についてあまり知らない、あるいは和室のメリットが何なのかよくわからないとお考えの方が多いと思います。

今回は、そういった方に向けて、和室の基本知識についてご紹介します。

□和室の基礎知識について

和室を作りたいけれど、そもそも和室がどのような構造なのか知らない方も多いと思います。
和室の特徴的な要素について詳しくご紹介します。

1つ目は、床の間です。

床の間は、掛け軸や活けた花などを飾る場所です。
床柱と呼ばれる化粧柱がありますが、使う木材によって和室の印象が大きく変わります。

2つ目は、鴨居です。

鴨居とは、ふすまや障子の上に造られた構造です。
敷居と対となるように設けられています。

3つ目は、欄間(らんま)です。

欄間とは、鴨居の上部に設置された構造です。
透かしや格子彫りが施された板がはめ込まれていて、風通しや採光の効果があります。
こうした機能性に加えて、和室を華やかにする装飾的な側面も持ちます。

4つ目は、長押(なげし)です。

鴨居の上に造られる、柱と柱をつなぐ横木です。
もともとは柱を固定するための構造材でしたが、現在は装飾用として造られています。

□和室のメリットについて

1つ目のメリットは、来客用に使えることです

来客者が宿泊する際に、畳の上に布団を敷けます。
フローリングに布団を敷くと落ち着かないという方でも、畳の上だとリラックスできるかもしれません。

2つ目のメリットは、畳特有の効果があることです

畳には、
・香りによるリラックス効果
・温度や湿度をコントロールできる
といった効果があります。
夏は涼しく、冬は暖かいため、和室は過ごしやすい環境と言えるでしょう。

3つ目は、仏間として使えることです

和室は、仏壇を置ける仏間とマッチしやすいです。
違和感なく、仏間を設置するには和室が最適でしょう。

4つ目は、寝室にできることです

ベッドではなく、布団やマットレスで寝たい方に畳はおすすめです。
布団からはみ出しても、畳なので体が痛くなりにくいです。
加えて、ベッドから落ちやすいお子さんにも最適です。
布団を押し入れに収納することで、日中はスペースを有効活用できます。

□まとめ

今回は、和室の基礎知識と、和室を設けるメリットについてご紹介しました。
ぜひ当記事を参考にして、和室のある暮らしを検討してみてください。

また、和室について詳しく話が聞きたい方は、ぜひ当社までご連絡ください。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.