アイフルホーム松山店

HOME > 建築コラム > 暮らしの工夫をして快適に過ごしましょう!快適に暮らす家の条件とテクニックをご紹介!

暮らしの工夫をして快適に過ごしましょう!快適に暮らす家の条件とテクニックをご紹介!

2021-12-17

 

なるべく快適に暮らせる家を建てたい、と皆さんお考えだと思います。
しかし、快適に暮らせる家の条件とは何でしょうか。
また、具体的にどのような工夫をすればよいのでしょうか。

今回はそういったお悩みにお答えします。

□快適に暮らせる家の条件とは

家を建てるにあたって、何よりも大事なのはその快適さです。
住みやすい家にするためにはどのような条件があるのか、ご紹介させていただきます。

1つ目の条件は、「通風、採光」です。

快適に過ごすためには、風が通りやすく、日光が十分に差し込むことが必要ですよね。
しかし都心部では、立地の問題で窓を設置できないことや、窓を開けても隣の家の視線が気になる、といった問題が生じることもあります。
そういった中、最近のハウスメーカーでは、住宅が密集している地域でも、窓の取り方の工夫や、中庭を取り入れることで風通しや採光を良くする工夫を取り入れています。

2つ目の条件は、「広がりを感じられる空間」です。

快適に過ごすためには、広がりを感じられる空間であることが重要です。
これは必ずしも家が大きければ良いというわけではありません。
工夫次第で広々とした空間を実現できます。

その例として、
・個室の面積を減らす代わりに、家族の集まるリビングを広くする
・吹抜けを設け、立体的な広さを得る
・壁を減らし、視野的な空間の広がりを作る
といったことが考えられます。

他にも、広がりを感じられる空間を実現するために、様々な方法があります。
ハウスメーカーに相談するのが最も分かりやすいでしょう。

□快適に暮らす間取りのテクニックとは

快適な家を作るには、具体的にどのようにすれば良いのでしょうか。
ここでは、参考にしたい間取りのテクニック例についてご紹介します。

*対面キッチン

対面キッチンは、見た目がおしゃれなだけでなく、家事の効率化や家族とのコミュニケーションが活発になる効果があります。
ダイニングと連続する空間ですので、デザインを統一しやすいというメリットもあります。
小さなお子様のいる家庭では、家事をしながらお子様を見守れます。

*リビング階段

リビングに、2階へ通じる階段を設置することで、家族と顔を合わせる機会が増えます。
帰宅して直接自身の部屋に戻るのではなく、リビングを経由することで自然とコミュニケーションも増えるでしょう。

□まとめ

今回は、「快適に暮らすための家の条件」そして「快適に暮らすための間取りのテクニック」についてご紹介しました。
ぜひ当記事を参考にして、ご自身のライフスタイルに最適なお家を実現してください。

また、松山市でお家についてお困りの方は、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。

Copyright@ アイフルホーム松山店. All Rights Reserved.